loading

相場レポート

上昇しているユーロが欧州時間の指標発表にて上伸するのか注視か

上昇しているユーロが欧州時間の指標発表にて上伸するのか注視か

2023.01.31New

本日のポイント
  1. 独・小売売上高
  2. 英・住宅ローン承認件数

前日は、欧州市場・米国市場で株価がともに反落となり、S&P500は、前日比マイナス1.30%の4,017ポイントで終了した。恐怖指数(VIX)は約7.7%上昇し19.9となっている。商品市場は、主要貴金属5銘柄とエネルギー価格が下落しており、原油WTIは77.9ドル台で推移している。暗号資産は、株価の下落とともに下方向に推移しており、BTCUSDは4%以上下落。22,755ドル台での推移だ。

為替市場は、欧州通貨の上値の重さが改善され、ユーロ円が140.586から141.934まで上昇した。昨日発表された欧・1月景況感指数が市場予想の96.9から99.9へと上昇したことが影響し、ユーロ円は昨日の欧州時間で急騰した。昨日の急騰で、ユーロ円は再び4時間足200SMAを上抜ける形状となったが、ローソク足は依然上値・下値を切り下げているため、本日の欧州時間での反落に警戒したい。

本日は、16:00にトルコ・貿易収支、独・小売売上高、独・輸入物価指数、16:30にスイス・小売売上高、16:45に仏・生産者物価指数、17:55に独・失業率、18:30に英・住宅ローン承認件数、19:00に欧・第4四半期GDP、22:30に加・GDP、米・第4四半期雇用コスト指数、23:00に米・S&P/ケースシラー住宅価格指数、23:45に米・シカゴ購買部協会景気指数、24:00に米・消費者信頼感指数が控えている。上昇しているユーロが欧州時間の指標発表にて上伸するのか、慎重に見極めたい。

相場レポート 記事一覧


1 / 25 Page
次のページNext
  1. 2023.01.31New上昇しているユーロが欧州時間の指標発表にて上伸するのか注視か
  2. 2023.01.30New中国の春節明けで上昇しているオセアニア通貨の上値余地に注目か
  3. 2023.01.27New上昇余力に乏しい米ドルの上値余地に警戒か
  4. 2023.01.26New米・第4四半期GDPの結果に注意しつつ米ドルの方向性に注目か
  5. 2023.01.25New好調となったPMI発表によりユーロが上向くのか注視か
  6. 2023.01.24独・製造業PMIが前回値の47.1を上回るのか注目か
  7. 2023.01.23週明けから見られる円安傾向が継続するのか注視か
  8. 2023.01.20欧州時間での相次ぐ要人発言に要注意か
  9. 2023.01.19ECB理事会議事要旨公表によりユーロに大きな値動きが生じるのか
  10. 2023.01.18政策変更から一転、現状維持となった日銀発表後の値動きに注意か
  11. 2023.01.17雇用統計発表によるポンドの乱高下に要警戒か
  12. 2023.01.16日銀金融政策決定会合を前にしたクロス円に注目か
  13. 2023.01.13円高基調となっている通貨強弱が週末最終日に変化するのか注目か
  14. 2023.01.12米CPI発表による米ドルの急激な値動きに注意か
  15. 2023.01.11強含んでいるユーロの方向性を注視か
  16. 2023.01.10米国時間での指標発表と要人発言による急激な価格変動に注意か
  17. 2023.01.09雇用統計明けの弱い米ドルが維持されるのか注目か
  18. 2023.01.06米国時間での指標発表と要人発言による乱高下に注意か
  19. 2023.01.05原油価格と相対的に強含んでいる豪ドルの上値余地を注視か
  20. 2023.01.04一時的に円高に傾いたクロス円の回復具合に注目か