相場レポート

政策金利発表後のポンド高は継続なるか

政策金利発表後のポンド高は継続なるか

2021.09.24New

本日のポイント
  1. 英・CBI流通取引調査
  2. 米・メスター:クリーブランド連銀総裁の発言

昨日は、欧州市場・米国市場ともに株価が上昇し、ダウ平均は前日から1.48%上昇、34,764ドルでの終値となった。債券は売られ、米10年債利回りは1.43%まで上昇。恐怖指数(VIX)は10%以上下落し、18.6付近で落ち着いている。

為替市場は、昨日政策金利の発表があったポンドが急伸している。英中銀は政策金利を据え置いたものの、「消費者物価指数の上昇率が10-12月期に一時4%を超える」との見通しを示したことから、ポンド高となった。ポンド円は昨日1日で、149.42から151.47まで200pips以上の上昇となり、本日のアジア時間も値動きを踏襲している。

本日は、欧州時間の16:00にトルコ・景気動向指数、17:00に独・IFO景況指数、19:00に英・CBI流通取引調査、米国時間の21:45に米・メスター:クリーブランド連銀総裁の発言、23:00に米・新築住宅販売件数、米・パウエルFRB議長の発言、米・クラリダFRB副議長の発言、米・ボウマンFRB理事の発言、23:05に米・ジョージ:カンザスシティ連銀総裁の発言、25:00に米・ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言が予定されている。ポンドの上昇が継続するのか、他通貨と比較しつつ、しっかりと見極めたい。

相場レポート 記事一覧


1 / 8 Page
次のページNext
  1. 2021.09.24New政策金利発表後のポンド高は継続なるか
  2. 2021.09.23New欧州時間での指標発表に警戒か
  3. 2021.09.22New米国時間のボラティリティ低下に注意か
  4. 2021.09.21New米・FOMC前日でボラティリティは限定的か
  5. 2021.09.20日本・中国市場が休場で静かな値動きとなるか
  6. 2021.09.17週末クローズのユーロの下値に警戒か
  7. 2021.09.16米・フィラデルフィア連銀景況指数の結果に注目か
  8. 2021.09.15米、インフレ懸念一過性と見なされリスクオフか
  9. 2021.09.14米・前月比コアCPIの結果に注目か
  10. 2021.09.13ECBから下落しているユーロの値動きに注意か
  11. 2021.09.10ECB明けのユーロの上値の重さに注意か
  12. 2021.09.09ECB政策金利発表でユーロの値動きに注目か
  13. 2021.09.08加・BOC政策金利発表内容に注目か
  14. 2021.09.07政策金利据え置きで豪ドル失速か
  15. 2021.09.06米国の休場で欧州通貨に注目か
  16. 2021.09.03豪ドルの勢いは、本日の指標発表で転換となるか
  17. 2021.09.02米10年債利回り低下で米ドルの行方に注目か
  18. 2021.09.01雇用統計前の米・ADP雇用者数に注目か
  19. 2021.08.31オセアニア通貨の上昇に引き続き注目か
  20. 2021.08.30オセアニア通貨は続伸なるか