相場レポート

ECB明けの欧州通貨の方向性に注目か

ECB明けの欧州通貨の方向性に注目か

2021.06.11New

本日のポイント
  1. 米・ミシガン大消費者信頼感指数
  2. 英・鉱工業生産

昨日は、米国市場でS&P500が最高値を更新し、先日比プラス0.47%の4,239ポイントで終了した。米10年債利回りは、昨日の米消費者物価指数発表直後に急上昇したものの、その後落ち着きを取り戻し、1.43%台へと下落している。原油WTIは69.8ドル台の横ばい推移で、ゴールドは昨日の米国時間から急伸し、現在は1,900ドル台に乗せている。

為替市場は、全体的に小動きとなっており、各国中央銀行の金融緩和出口戦略を伺う値動きとなっている。昨日の欧・ECB政策金利発表では、夏季の債券購入規模についてメンバー内で意見が分かれたものの、ユーロ圏の経済成長見通しは、4.6%へと引き上げられた。ユーロ円は昨日の下落から半値まで回復し、現在は133.4付近となっている。

本日の指標は、15:00に英・GDP、英・鉱工業生産、英・製造業生産高、英・貿易収支と、欧州時間の16:00にトルコ・鉱工業生産、17:30に英・ベイリーBOE総裁の発言、英・カンリフBOE副総裁の発言、英・ラムスデンBOE副総裁の発言、さらに21:30に加・第1四半期設備稼働率、23:00に米・ミシガン大消費者信頼感指数(速報値)が発表予定だ。来週の米FOMCを控え、欧米通貨の値動きに変化が出るのか、慎重に静観したい。

相場レポート 記事一覧


1 / 4 Page
次のページNext
  1. 2021.06.11NewECB明けの欧州通貨の方向性に注目か
  2. 2021.06.10NewECB政策金利と声明発表に要注目か
  3. 2021.06.09New米国時間の指標発表に注目か
  4. 2021.06.08New米・欧の通貨強弱の変化は出るか
  5. 2021.06.07ECB政策金利発表を控えたユーロの値動きに注目か
  6. 2021.06.04米ドルの強さとバイデン大統領の発言に注意か
  7. 2021.06.03米・ADP全国雇用者数に警戒か
  8. 2021.06.02米・地区連銀総裁の発言に注目か
  9. 2021.06.01英・米国の連休明けの値動きに注意か
  10. 2021.05.31独・消費者物価指数(速報値)に注意か
  11. 2021.05.28米・ミシガン大消費者信頼感指数に注目か
  12. 2021.05.27米国時間の指標発表に警戒か
  13. 2021.05.26下落している米ドルの方向性に注意か
  14. 2021.05.25米長期債低下の影響はどう出るか
  15. 2021.05.24株高・米ドル横ばい状態に変化あるか
  16. 2021.05.21ユーロの強さに注目か
  17. 2021.05.20オセアニア通貨の方向感に注意か
  18. 2021.05.19欧州通貨の方向感に注目か
  19. 2021.05.18英・ベイリーBOE総裁の発言に注目か
  20. 2021.05.17米国時間での要人発言に注意か