加ドルの上昇勢力は継続なるか

加ドルの上昇勢力は継続なるか

加ドルの上昇勢力は継続なるか

2021.09.27

本日のポイント
  1. 欧・ラガルドECB総裁の発言
  2. 米・ブレイナードFRB理事の発言

先週末は、欧州市場・米国市場ともに主要株価が下落となり、ナスダックは前日比マイナス0.03%の15,047ポイントで終了した。一時1.40%まで下落した米10年債利回りは、再び1.44%台へと上昇している。先週末金曜日に発表された独・9月IFO景況指数は、99.0の市場予想に対し98.8と届かず、26日(日)に開票された独・総選挙の結果も、注目材料となっている。

為替市場は、目立った窓なくスタートし、本日のアジア時間と先週末金曜日時点で、加ドルが最強通貨となっている。対円で欧州通貨が振るわない中、加ドル円は87.01から87.81まで上昇。4時間足200MAがサポートとなり、しっかりとリテストが入った後に再上昇している。日足直近高値である87.88付近を、実体ローソク足で超えるかが、焦点となるだろう。

本日は、欧州時間の20:45に欧・ラガルドECB総裁の発言と、米国時間の21:00に米・エバンス:シカゴ連銀総裁の発言、21:30に米・耐久財受注、22:00に米・ウィリアムズ:シカゴ連銀総裁の発言、25:50に米・ブレイナードFRB理事の発言、26:00に米・5年債入札が予定されている。株価や原油動向と照らし合わせつつ、週始めの通貨強弱を注視したい。

瀬名 宏一

著者:瀬名 宏一

海外FX歴15年の現役トレーダー。米大手銀行、外資系大手証券会社での為替ディーラー業務を経て、現在は、プロトレーダーとして活動。これまでの経験を活かして、ファンダメンタルズ分析・テクニカル分析をはじめとしたFX投資の研究を続け、独自の戦略を構築、勝率を上げる。スイングトレードとスキャルピングが主なトレードスタイル。

相場レポート 記事一覧

  1. 2021.12.08 New 横ばい推移の米ドルは上昇となるか
  2. 2021.12.07 New 上値が重いユーロの方向感に注意か
  3. 2021.12.06 New 弱含んでいるユーロの行方に注意か
  4. 2021.12.03 New 弱含んでいるポンドの方向性に注意か
  5. 2021.12.02 New 拮抗しているユーロと米ドルに動きは出るのか
  6. 2021.12.01 パウエルFRB議長の議会証言内容に注目か
  7. 2021.11.30 11月最終日の価格動向に注意か
  8. 2021.11.29 各国の経済指標&要人発言に注目か
  9. 2021.11.26 米ドルの下落により欧州通貨に注目か
  10. 2021.11.25 米国休場下の米ドル・加ドルの動きに注目か